ITの仕事は、正に時代を先取りした達観性を備えた性質があり、情報を制する者は未来をも制するのではないかといったイメージを感じさせます。
ITによって、私たちを確実に情報と共に生きる素晴らしい人生へと導いていき、そうしたネットワークにより、私たちに希望を喚起させていくのです。

そうした上昇志向を形作っていくITに対して、私たちは次第に「華やかなものだ」といった存在価値へと目を向けていくことになります。
その華やかさをたたえたITが、私たちの存在をきらびやかなものにしていき、私たちもまた、自ずとその存在価値に見合うような高尚なる人格を形成していこうという気持ちにつながるのです。
だからこそ、人は更なる希望に向けて、華やかという言葉も携えていかなければいけないのだと思います。

女性が美を求める際、必然的に華やかさを求めていく傾向にあります。
化粧を始めとした自分の外見を彩っていく商品の力によって、自分の存在価値というのを高めようとしているのでしょう。
その彩られた外見を見た人たちは、目の保養、癒しになるといった安らぎを喚起させていき、幸せな心を形成していきます。
このようにして、目で見て意識に働きかける要素の強い「華やか」という言葉は、ITと深いつながりがあり、視覚的な要素を介してダイレクトに私たちの潜在意識へと語りかけているのでしょう。
情報の発展がそのまま視覚という感覚を通して、ネットワークの緊密さが時代の美しさとして感じることになっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です